クラミジアとは | 症状や感染経路、治療法など

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s性器クラミジアは、性感染症の中でも日本でもっとも多い症状です。

感染しても自覚症状がないという人が半分ぐらいいると言われています。最近では10代、20代女性の感染も多く無自覚で放っておくと不妊の原因にもなるため注意が必要です。

男性でも放っておくと睾丸の腫れ、高熱などで無精子症になることもあります。

性交の他にもフェラチオなどのオーラルセックスで喉に感染することもあります。

クラミジアの年度別感染

日本におけるクラミジアの感染者数は平成14年度をピークに年々減少し近年では横ばいになっています。(以下グラフ)
これは、性病に対する国の取り組みや若年者への性教育が浸透してきた結果ともいえるでしょう。

graph1
性感染症報告数 厚生労働省

しかし、この報告数で気を付けなければならないのがこのグラフは実際のクラミジアにかかった人の数を表しているわけではないということです。この数値はあくまでも該当の医療機関の報告数です。

クラミジアに感染していても気づいていなかったり、病院に行っていない人を含めるとこの数値からさらに増加するでしょう。性病はかなり身近な病気になっていますので怪しいと思ったらすぐ検査を心がけてください。

クラミジアの症状

クラミジアは男性と女性で症状が異なります。また性器以外にものどに感染することがありますので、その場合はのどに関する症状となって現れます。

男性の症状

睾丸の上部が腫れる
尿道の違和感、かゆみ
尿度から少量分泌物が出る
発熱や体の痛み
症状がでないこともある
治療をいないでいると前立腺炎、無精子症になることもある
女性の症状

子宮頚管炎(子宮入口の炎症)
おりものの増加
不正出血
下腹部の違和感、痛み
性行時の痛み
半数以上は全く症状がでない
治療をしないでいると卵管炎をおこし子宮外妊娠や不妊症の原因となる
のどへの感染での症状

咽頭炎
のどの腫れ
のどの痛み
発熱など
症状が出ない場合も多い

クラミジアの潜伏期間と検査可能期間

585a28c77e39ca39af8772e3d993bde1_s
クラミジアの潜伏期間は約1~3週間です。
潜伏期間とは、性行などの感染にかかわる行為をしてから実際に病気が発病するまでの期間です。
潜伏期間内では症状は表れませんが、性行為をしてパートナーに感染させることは可能なので注意が必要です。

検査機関は、感染にかかわる行為をしてから2~3日です。
行為後2~3日は検査を行ってもクラミジアに感染しているかどうかはわかりません。

感染経路

クラミジアに感染している人との粘膜の接触や精液や膣の分泌液などを介することで感染します。粘膜とは口の中、鼻の中、気管、胃や腸、膀胱や子宮、性器、傷ついたところなど皮膚で守られていない場所を指します。

口の中も粘膜なので当然、キスやフェラチオなどのオーラルセックスでも感染します。この場合はのどだけに感染します。

温泉やプールなどでの感染は可能性が低くほとんどないと考えられていますが、クラミジアはまだわかってないことも多く絶対にないとは言い切れません。
タオルの共有で感染することはあるので感染者との共有などは避けた方がいいでしょう。

クラミジアの感染率

クラミジアの感染率は、コンドームを使用しない場合 50%以上 と言われています。ただし、感染率は精液内のクラミジアの量や性行為の長さや仕方、個々の免疫力などが関係しているのであくまで可能性での数値です。

とはいえ、50%以上というのはかなり高い可能性なので感染が分かっている場合は性行為はしないでください。

セルフチェック

ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_sクラミジアを自分で判断することは難しいのですが、男性の場合は小便をするときに軽い痛みや違和感があったり尿道から膿のようなものがでる、睾丸が腫れていたり痛みがあるという場合はクラミジアを疑ってもいいでしょう。

女性の場合は、おりものの量が増える、性交のときに痛みや違和感があるなどが判断基準です。

ただ、これまでも説明した通りクラミジアは自覚症状がない場合が多い病気です。
感染が疑われるようなときには必ず検査したほうがいいでしょう。

クラミジアの予防

クラミジアの感染は粘膜での接触なので、まず第一は感染が疑われるようなパートナーとは性交渉を避けるということです。特に特定の相手以外と性交渉するような方は注意してください、男性の場合は必ずコンドームをつける、女性の場合はつけてもらうことがクラミジアの予防には重要です。

性行時にコンドームを使う
性器を傷つけない
生理中は性行を避ける
パートナーの性器を確認する
タオルを共用しない
パートナーが変わったら検査する
体調を整え日ごろから免疫力をつけておく

クラミジアでの不妊の危険性

70e3689d5bc2e5c03176391270acb7b1_sクラミジアに感染して怖いのは、自覚症状がないままに放置した場合に不妊症になってしまうことです。これは男性、女性どちらにも当てはまります。

クラミジアが感染すると、女性の場合は子宮頚管→子宮→卵管→卵巣というように奥へ奥へと進んでいきます。卵管にクラミジアが感染すると卵管がくっつき卵子が通れなくなることがあります。そうなると妊娠しずらくなったり、妊娠しても子宮外になってしまいます。

男性の場合は、クラミジアに感染すると精子がダメージをうけて健康な場合の精子数や運動能力よりも劣るようになり奇形数も多くなるとの研究結果があります。

これらの不妊の傾向はクラミジアを放置しておいた場合です。早期に発見して早期に治療すれば特に問題はありませんので感染の疑いがある場合は自覚症状にかかわらず検査を行った方がいいでしょう。

クラミジアにかかった場合の受診科

クラミジアに感染したと分かった場合には医療機関を受診するのですが、その費用は保険が適用されるかされないかで大きく違ってきます。実際にクラミジアに感染している、性器の具合が悪いといった場合は、治療になるので保険が効きます。その場合は、初診料+診察料+検査代+薬代で合計1万~1万5000円ぐらいです。

保険が適用されないのは、症状がとくになくとりあえず検査だけしたいというような場合、自分の氏名、住所などを誰にも知られたくないので匿名で治療したいという場合です。この時には3万~5万ぐらいかかってしまいます。

検査だけおこないたい場合は医療機関でなくとも、保健所、郵送の検査キットもありますので一番適しているもので検査可能です。

病院、保健所、検査キット:性病検査の方法の違いやメリット、デメリット

クラミジアの受診科
男性 泌尿器科、性病科
女性 婦人科(産婦人科)、性病科
咽頭感染 耳鼻咽喉科
クラミジア治療にかかる金額(概算)
初診料 2,700円
診察料 3,000円~5,000円
検査代 4,000円
薬代 2,000円~3,000円

クラミジアの検査

56207e411b0b1a226313257fe4782523_sクラミジアの検査は以前は血液を採取して検査していましたが、あまり精度がよくないため現在ではPCR法が主流となっています。

PCR法は簡単にいうと採取した検体から遺伝子を増やし原因菌を検出する方法です。PCR法は精度が高いのですが、治療後の死滅した秒病原体にも反応してしまうため確認を行う場合には2~3週間の期間を置く必要があります。

クラミジアの検査で使われる検体
男性:出始めの尿を採取します。
女性:子宮頸管からの分泌物を採取します。
咽頭感染:咽頭周辺のぬぐい液やうがい液を採取します。

クラミジアの治療方法

クラミジアに感染していると分かった場合には、処方される薬によって異なりますが1日~1週間程度、抗生剤を服用します。ただし劇症骨盤腹膜炎や肝周囲炎が出ている場合には、3~5日ほど点滴を行うこともあります。クラミジアは再発することがあるので、服用してから3~4週間後に再度医療機関で感染してないことを確認します。

治療に使用する抗菌剤の種類
・テトラサイクリン系
・マクロライド系
・ニューキノロン系

クラミジアは自然治癒する?

クラミジアは放っておいてもいつか自然に治るのでしょうか? これは少し議論がいるのですが、実は海外の論文では自然に数年で自然に治った人もいるという報告もあるのです。
しかし、難しいのが数年という単位です。クラミジアは風邪などで抗生剤を使った場合、その抗生剤の影響で完治することがあるのです。

結局このレポートでは、どの時点で治ったのかまでは発表していないので、被験者の何人かにはクラミジアが見られなかったというだけで自然に治るのかどうかはわからないのです。

クラミジアの怖いところは、放置による重症化です。不妊になることもあるので、医療機関に行くのがいやだからと治療をしないでおくのはやめたほうがいいでしょう。

クラミジアの治療薬

b578ed8844b706627041f6958880c33f_sクラミジアの治療薬は今のところ抗生剤だけです。日本では抗生物質はドラッグストなどの通常の薬局では市販薬として販売していないため医師の処方箋が必要です。

処方される抗生物質は、テトラサイクリン系抗生物質、マクラロイド系抗生物質、ニューキノロン系抗菌剤のどれかになります。

マクラロイド系抗生物質のジスロマックは、1度服用すると効果が10日ぐらい続くので薬を飲み忘れて治らないといったことを防げ便利です。

あまりおススメはしませんが、個人輸入や代行業者から抗生物質を購入することは可能です。
まず、症状が本当にクラミジアか合併症はないかなどを医師に確認してもらう方が安心できます、海外の薬品なので日本人に対しての有効性や安全性の保証はありません。あくまで自己責任ということがついてまわります。

医薬品等を海外から購入しようとされる方へ 厚生労働省

個人輸入では、ミノマイシン、アジー、ビブラマイシンなどがありますがミノマイシン、ビブラマイシンなどは毎日2週間程度飲み続けないと完治しないので少し手間がかかります。個人で治療しようという場合、1度服用するだけでよいアジーが便利でしょう。

アジー(Azee)アジスロマイシン250mg

その他注意点する点

他の性病にも言えることですが、クラミジアに感染している場合HIVへの感染が3~5倍まで跳ね上がります。無自覚で感染を知らずに過ごしたり、もう症状がなくなったからと治療を途中でやめたりした場合、残った菌が増殖して再発しているかもしれません。

HIVにかからないためにも、早期発見、早期に完全に治療を心がけてください。