性病検査の方法の違いやメリット、デメリット【病院、保健所、郵送の検査キット】

52e0a6d1c1d6857f6ee36eda8580a1d1_s
性病検査には、病院で検査する、保険所で検査する、検査キットを使うという3つの方法があります。

どの方法が一番いいかは、実際に性病検査を受ける人の状況や、予算、結果の早さ、バレにくさなど、自分が何を重視するかによって違うので一概にどれが一番いいとは言えません。

それぞれの性病検査の方法に特徴やメリット、デメリットがあるので自分に一番合った方法を選ぶのがいいでしょう。今回は、病院、保健所、郵送の性病検査キットそれぞれの特徴やメリット、デメリットについて紹介します。

病院での性病検査

性病検査を行うと考えたときに真っ先に思いつくのがやはり病院やクリニックで性病検査をすることではないでしょうか。すでに性病の症状が出ている場合には、検査後にすぐに治療ができるので感染している疑いが強いときには病院が一番適しています。

ただし、特にこれといった症状がないけど不安なのでとりあえず性病検査をしたいという場合には保険が効きません。自費での性病検査だと医療費が高額になることもあるので注意が必要です。

病院を受診する場合には、女性の場合は産婦人科、男性の場合は泌尿器科や性病科で診てもらうことが一般的です。性病の症状によっては、皮膚科、耳鼻咽喉科、内科などでも診察してもらうことも可能です。

近くに総合病院などの大きめの病院があれば性病科などの専門の科がある場合もあるので、病院についたら先に窓口で相談してもいいでしょう。

病院で性病検査をするメリット

検査後すぐに治療ができる

病院で性病検査を受けるメリットはなんといっても異常があった場合の治療です。性病検査だけの保健所や性病検査キットでは異常がある場合には新たに病院を探して行かなくてはならないので面倒と感じることもあります。

匿名で性病検査できる

一部の病院では保険を使わない前提で、匿名で性病検査を受け付けてくれるところもあります。「病院だと実名と保険証を使わなければならないから」と行くのをためらっている場合に少し安心して検査できるのではないでしょうか。

性病検査や治療を相談できる

どのような性病検査を受けたらいいのか、自分だけではわからない、判断できないという人も多いと思います。

実際に性病の症状がでていない場合でも、それぞれの事情を病院で相談することで受ける検査の内容を決めることができるので、安心して性病検査を受けることができます。また、実際になにか異常があったときや性病検査の結果に問題があった場合にも、医師がその内容について詳しく説明してくれるので安心できます。

病院で性病検査をするデメリット

知人に見られる可能性がある

病院での性病検査のデメリットは病院への出入りの際に知人に偶然見られる可能性もあるということです。都市部の人の多いところではあまり気にならないかもしれませんが、地方などの人の少ない地域だと意外に気になるポイントです。

恥ずかしさがある

受付や実際の性病検査のときに医療スタッフとは必ず顔を合わせなければならない上に実際に症状があった場合、患部を医者や看護婦が視診することもあります。また、待合室で別の患者さんと会うのがなんとなく恥ずかしいというのは誰にでもあると思います。もちろん、「そんなの全然きにならない」という人にはデメリットにはなりません。

なにかと時間がかかる

病院で性病検査をする場合には、当然ですが病院まで出向かなければなりません。近くに性病検査ができる病院があればいいですが、遠くの病院に行く場合には移動時間や待ち時間、受診時間も含めると、ある程度のまとまった時間を覚悟しなければなりません。仕事や学校を自由に休める人はいいのですが、不安なだけで性病の検査をするには時間がかかりすぎます。

検査費用が比較的高い

症状が特になく不安なので性病検査をする場合や、実際に症状があったとしても匿名で検査や治療がしたい場合には保険が使えないので全額自己負担になります。これは、保健所や郵送の検査キットに比べると大分多くの費用がかかってしまいます。

性病検査の費用について

性病検査の費用は、自由診療になるので病院や検査項目によってまちまちです。おおよその価格ですが、1検査あたり1,000~10,000円かかるのが一般的のようです。これは1検査あたりの費用なのでHIV(エイズ)検査にクラミジアなど複数の検査を同時にすると8,000円+8,000円などと費用がかさんでいきます。

まとめて検査することで安くなる病院もあるようなので不安な場合は先に電話で大まかな費用を問い合わせておいた方がいいでしょう。

病院での性病検査が家族にばれる?

実際に性病検査をした場合に家族や会社などに検査したことが知られてしまうことはあるでしょうか?もし病院で性病検査をしたことがばれてしまう可能性があるとすると以下のようなことが考えられます。

保険証を使用した際の明細

性病検査だけの場合や自費で治療した場合などは保険証を提示していないのでそこから知られることはありません。ただし保険証を使って性病の治療をした場合、保険機関によっては受診内容が後日通知してくることがあります。

医療費給付明細の郵送

国民健康保険の場合は、通院してから何か月か後に自治体から医療費給付明細が郵送されてきます。両親と同居している、夫婦で住んでいる場合など誰かに明細を見られてしまうことはありえるでしょう。この明細には、医療機関、医療費の金額などが記載されます。

病院への出入りを目撃された場合は防ぎようがありませんが、医療費明細は保険を使わないということで防ぐことができます。医療費の負担は痛いですが、どうしてもバレたくない場合は保険証を使わないことも方法の一つです。

保健所での性病検査

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s
保健所でもHIV(エイズ)を始めとした性病検査を受けることができます。

費用がかからない上に匿名で検査できるので、費用を安く済ませたいという方には人気の検査方法です。一方で性病検査を受けることができる日程が保健所で決めらているので、都合がつかないと受けられません。特に土日に性病検査を受けられるところが少ないので平日に学校に行っている人や働いている人は行く時間を作るのは難しいでしょう。

東京都などの都市部では土曜日に検査を行っているところもあります。また電話での相談も行っているので不安や疑問があれば先に保健所や行政に電話で問い合わせてみてください。

東京都HIV/エイズ電話相談

保健所の性病検査のメリット

無料で性病検査を受けることができる

保健所でのHIV(エイズ)検査は無料で行うことができます。予約もいらない場合が多いので開催している日時を調べて近くの保健所にいくだけで検査可能です。HIVの検査が中心ですが、ほかの性病を検査することができる保健所もあります。

匿名で検査を受けられる

保健所というと、住所や氏名などを書かなくてはならないので行きにくいと勘違いしそうですが、検査は匿名で受けることができます。結果は郵送することなどはできないので、後日自分で検査結果を取りに行く必要があります。

保健所のデメリット

検査結果は自分で取りに行く必要がある

保健所で検査を受ける場合には検査結果は自分で取りに行く必要があります。匿名検査なので住所や名前が不要の代わりに郵送ができないためです。保健所が遠い場合などは再度行かなければならないので手間がかかってしまいます。

検査日が限られている

保健所で検査を行う場合、1つの保健所で毎週1度か2度決まった曜日に検査を行うところが多いようです。近くの保健所の検査できる曜日が自分の都合と合致するかは調べてみないとわかりません。

治療は別に病院で行う必要がある

検査で陽性とされたときには、保健所では治療できませんので医療機関で治療を行う必要があります。実際にかかる医療機関などについては相談に応じてくれるので保健所で相談してみてください。

保健所の検査が家族にばれる?

保健所での検査は匿名で受けることができますし、結果は自分で取に行く(聞きに行く)ことがほとんどのため、親や兄弟などでも受けたことする知る方法はありません。

保健所に出入りしているところを見られてしまった場合

万一保健所に出入りしているところを誰かに見られてしまった場合には、特に検査と言わなければいいだけです。保健所は性病の検査だけを行っているわけではありません。

美容院などの営業の許可、家庭の問題の相談、福祉サービスの相談など健康に関することはなんでも取り扱っています。

郵送の検査キット

544931630e5d352d556073c7a7cff75a_s検査キットにも種類がありますが、自分で判定する検査キットは現在ほとんど販売がありませんし精度もよくないのでここでは郵送方式の検査キットについて説明します。

郵送の性病検査キットは検体を検査機関に送ることで病院や保健所と同等に検査ができるサービスです。自分で検体を採る必要はありますが、誰にも会わずに自分の時間で行うことができるので検査キットで性病の検査をする人は多くなっています。

検査キットのメリット

誰にも会わずに検査を受けることができる

郵送で検査キットを受けとり、郵送で検体を送るので誰かに会うということがありません。病院や保健所ではなんとなく恥ずかしいという人には向いています。

セットで行うと意外に安くすむ

診察料などがない上に、検査をまとめて行うセット割引などもあるため、HIV、クラミジア、淋病など一度に検査する場合は病院よりも安いでしょう。

家族にばれにくい

検査キットは郵送で届きますが、提供先を個人名にしてもらうことも可能です。それでも届くときに問題があるという場合は、局留めを指定して自分で郵便局に取に行けばこっそり受け取ることも可能です。

検査キットのデメリット

検査のみで治療は別途医療機関に行く必要がある

検査キットは、あくまで検査が目的なのでもし結果が陽性(性病であると判断された)であった場合には、治療はできません。改めて病院で薬を処方してもらうなどの治療を受ける必要があります。

また、匿名で検査を受ける場合には結果を書面で受け取ることができないので、性病ではないという証明を受け取ることもできません。(Webで結果を見るだけ)

検体の採取は自分で行う

病院での検査では、医療スタッフが採血などを行ってくれ問題があればその場で取り直しなどができますが、検査キットでは自分で血液を採取します(専用のツールはある)、万一失敗した場合や問題があった場合はもう一度検査キットが送られてきて取り直しとなると面倒な上に日数がかかってしまいます。

検査キットは家族にばれる?

検査キットは自分で検体を取得して郵送するだけなので基本的に誰かに知られるということはありません。ただし、検査キットは郵送されてくるので家族が受け取って中身を見たり、検査結果を郵送で受け取ったときに聞かれたりといったことはあるようです。

郵送の検査キットでさらにこっそり受けるには
郵送に局留め、宅配センター止めを使う

郵送の検査キットは申し込みをした後に血液や尿などを採取するためのキットが送られてきます。送り元の名前を個人名などにすることも可能ですが、そもそも家に郵便物が来るのが困るという人は、配送はせずに近くの少し大きな郵便局で自分で受け取りに行くこともできるようになっています。そうしても家に検査キットを配達されるのを避けたいという場合には検討してみてもいいでしょう。

匿名での検査を使う

一部の検査キットは、検査結果を郵送ではなく電話やメールなどで受け取ることで匿名で検査を受けることも可能です。(結果を郵送で受け取る場合は差出人を指定しなければならないので匿名や偽名は不可になります) 電話で結果を聞く場合は、検査キットを送る際に暗証番号を設定して、電話口で暗証番号を伝えることで本人確認をするようです。

検査での注意事項

献血で性病検査はNG

078c1f05284a057394976db731de5428_s
一昔前に噂になった献血でHIVに感染しているかどうかわかるといった話ですが、これは絶対にやってはいけません。そもそも献血でHIVに感染しているかどうの検査は内部的には行っていますが、献血者自身には教えないことになっています。これは、検査を目的として献血をする人がでてくるためです。

特に、感染してから2,3か月以内の方はHIV検査が正確にできないので怪しいと自分で感じたら献血をしてはいけません。性病の恐れがあるので検査したいけどお金がないという場合は保健所で検査してもらいましょう。

まとめ

性病を検査する方法は、病院か保健所か検査キットのどれかを使うことになりますが、それぞれで特徴が違うのでメリット、デメリットをよく考えてご自身に合った方法で検査を行うといいでしょう。

ただし、すでに性器に異常があったり、かゆい痛いなどのなんらかの症状がある場合は病院を受診するようにしてください。性病は自覚症状が少ない上に自然治癒が難しい病気です。早期に発見すれば重篤な症状にはなりませんので早めに受診するようにしてください。

信頼性と結果が早い性病検査キットは?

郵送でできる性病検査キットは、現在6~7社から販売されていますが検査結果が一番早い性病検査キットは「GME医学検査研究所」のものです。GMEは、自分のところで検体の検査ができる研究所があるので信頼性も高く、キットも安価で早いです。一日も早く性病の有無を検査して安心するためにも性病検査キットを活用してください。

GME
gme1
gme1

登録衛生検査所を自社でもつので、GMEは検査結果が出るまでが一番早く、価格も他の業者と比べて安価になっています。性病検査設備は最新の機器を使っているため情報発信や信頼性を得るための取り組みに関しては他の事業者より一歩先をいっています。 初めてでどれを選んでいいかわからないという場合にはGMEで間違いないでしょう。

匿名検査 検査期間 結果の通知 局留め対応 個人名配送 衛生検査所 6種セット 8種セット
最短1日 web メール
郵送 電話
9,300円 13,620円
ふじメディカル
fuji1
fuji1

GMEに引けをとらないのが、ふじメディカルです。こちらも自社で性病検査の登録衛生検査所を持っているので検査結果が早くでるのと安さではトップクラスです。関東に提携病院を多く持つので万が一陽性の場合、スムーズに治療ができる東京近郊の人に便利な性病検査キットです。

ふじメディカルの性病検査キット6種セットや8種セットはセットでの価格は最安値です。セット販売の他にもカップルや夫婦で受診できるブライダルセットの販売なども行っています。

匿名検査 検査期間 結果の通知 局留め対応 個人名配送 衛生検査所 6種セット 8種セット
最短2日 郵送
電話 メール
9,000円 13,000円