【性病の疑問】性病って性行為をしなくとも感染するの?

まだ一度もセックスをしたことがないのに、なんだか性器の様子がおかしくなると「これってまさか性病?」と不安になりますよね。

今回は性病が性行為以外で感染するのか?うつるとしたらどう予防すればいいのかをお教えします。

性病の感染は粘膜の接触が基本

性病(性感染症)は、その名の通り性行為を通して感染する病気の総称です。

性病はウィルスや細菌に感染することで発生するので、通常の接触ではなく「粘膜」の接触でしか感染しません。 粘膜とは、性器はもちろん、口内、鼻の中、傷口などがあたります。

通常の皮膚からは、感染しないため当然、性病の人と握手したり、一緒に風呂に入る、同じタオルを使うといったことでは感染することはありません。

基本的には性行為もしくは、口内や傷への性病がいる粘膜の接触がないと感染することはありません。

性行為以外で感染する場合

性病は基本的に粘膜同士の接触によって感染するのですが、クラミジアやトリコモナスなどの原虫による性病の場合はほとんどないとはいえ理論的には感染する可能性があります。

しかし、実際に性行為以外で感染したという症例もごく少数ありますが、ほとんどなくあくまで理論的に可能性があるといった程度です。

もしあなたが、性行為をしていないのに性病かもしれないと不安になっていたとしても、性病の人が使ったタオルをすぐ借りて性器を拭いたなどの極端な場合でなければほとんどありえない話です。

また、クラミジアやトリコモナス以外の性病(性器クラミジアや淋病、HIV、梅毒、尖圭コンジローマ、B型肝炎、C型肝炎など)は感染力の弱い菌やウイルスなので粘膜から離れることで感染はできなくなります。

性行為以外で感染するには感染者の性的体液や血液がベッタリと付着しているものにすぐに自分の性器の粘膜部分を押し付けるようにつけたり、舌で舐めたりでもしないかぎり感染することはありません。

接触もないのに感染する性病はある?


唯一なんの接触がなくとも発症する性病がカンジタです。

カンジタは性行為によって感染することもありますが、もともと皮膚、口の中、消化管、腟といった部分に存在する常在菌なので極度な疲れや、ストレス等、風邪などの病気で免疫力が低下した場合などには菌が増殖することで発病することがあります。

カンジタの典型的な症状として、外陰部のかゆみが、ヨーグルト状のおりものが増えたりします。

どうやって性病を予防すればいいのか

感染することはほとんどないとはいえ、性行為以外で性病が感染することを避けるには同じタオルを使わない、粘膜での接触を避けることです。カンジタの場合は、自己管理をきちんとして、疲れ、ストレス、免疫力が低下しないように気を付けることが重要です。