妊活前にするべき性病検査とは

妊活後に子どもを授かった女性子どもを授かりたいと思って、いざ妊活を始めようと決心してもパートナーの交遊歴が激しかったり、風俗に通っていた過去があるとあなたも知らず知らずのうちに性病にかかっていて妊娠ができなかったり、妊娠しても胎児に影響がでることもあります。

また、性病は必ずしも性行為によって感染するとは限りません。例えば、性器カンジダ症は、もともと人の体内にいる常在菌で体調の悪化や免疫力の低下によって症状がでることもあります。

妊活をしようと決心したら、まず性病の検査をすることが大切です。先にもいいましたが、一部の性病は性行為以外で感染することもあるので性病検査は恥ずかしいことではありません。

今回は、妊活前の性病に関する疑問や検査した方がいい性病、検査する場所などについて説明します。

性病に感染したら不妊症になる?

性病に感染したからといってスグに不妊症になるわけではありません。性病の中には、放置していたり、気づかないでいたりすると菌が膣から子宮頸部、子宮内膜、卵管へと炎症が進行することで炎症が広がり不妊症の危険が起こります。

しかし、早めの検査、早めの治療によってそこまで進行することなく治療すれば不妊症にはならないことが多いので早めの検査が大事です。

性病の治療は妊娠してからでは遅い

現在は妊娠すると産婦人科で必ず、尿検査、血液検査で性病の検査を行います。じゃあ、妊娠してから性病を検査すればいいのかと思うかもしれませんが、それでは遅いのです。

まず、そもそも性病が進行していると妊娠できないということもあります。それに、妊娠できたとしても性病の病原菌が胎児に影響を及ぼすこともあり、子宮外妊娠をしてしまったり、正常に妊娠できても流産したり、胎児が病気に感染して生まれるということもあります。

妊娠後の産婦人科での検査は念のためという位置づけで、妊活を始める前には性病の検査は行っていた方がこの先に不安なく妊娠に望めるでしょう。

妊娠しにくくなる性病

すべての性病が不妊の原因になるわけではありませんが、性病によって炎症を引き起こし、子宮内部まで炎症が進行するような症状の性病だと卵管が閉塞して不妊の原因となります。

クラミジア感染症

不妊を引き起こす性病で一番多いのが、クラミジア感染症といわれています。クラミジア感染症は自覚症状がないことが多く、放置していると膣から、子宮頚管、子宮内膜、卵管、卵巣、腹膜へと炎症が広がり、卵管の炎症で卵管が閉塞してしまうことで精子が通れず妊娠できなくなってしまいます。

クラミジアを放置していると、数年で不妊症になりますが、個人差があり3年で不妊症になる人もいれば5年たっても問題がないという人もいます。

淋病(淋菌感染症)

淋病は卵管狭窄による不妊を引き起こす可能性があります。たとえ妊娠できたとしても、産道感染で退治にも淋病が感染するということもあります。淋病は自覚症状がないことも多いので、特に症状がないからと放置していると大変なことになります。

性器カンジダ症

不妊の直接的な原因ではありませんが、性器カンジダ症に感染していると膣内の酸性度が高くなるので精子が卵子にたどり着けない可能性が高くなります。感染しても症状がないことも多いので、放置していると卵管にまで炎症が進行することもあります。

妊娠はできるが胎児に影響がでる性病

梅毒

梅毒にかかると不妊になるということはありませんが、梅毒のまま妊娠するとかなりの割合で胎児に感染してしまいます。早期に治療をしないと体内で亡くなったり、先天梅毒として生まれてしまったりします。梅毒は、母体はもとより胎児にも非常にリスクの高い恐ろしい病気なので妊活前にも早めに検査したほうがいいでしょう。

ヘルペス

妊娠時に発症すると、妊娠していない時期での発症よりも症状が激しくなる人が多くなります。最悪の場合には、流産や早産の原因となることもあるので十分に気を付ける病気です。出産時に発症すると産道感染で赤ちゃんが感染する場合も高いので帝王切開で出産することになります。

妊活前にチェックした方がいい性病

では、妊活を始めようと思ったときにチェックするべき性病はどれでしょうか? 先に書いた妊娠に影響を及ぼす性病でみると、クラミジア、淋病、カンジタは必須でしょう。また、妊娠後に産婦人科で検査をするとはいえ、どうせ検査をするなら梅毒やヘルペスも行っておいたほうが妊娠した時に安心していられます。

性病検査キットだと、6項目検査というものがあります。HIV、梅毒、クラミジア、トリコモナス、カンジタの検査ができるので妊活前の検査としては十分な内容です。パートナーと一緒に受けると料金も幾分か割安になるのでそちらでもいいでしょう。

妊活するならパートナーと同時に検査が正解

もう一つ大事なこととして、妊活をするならば性病検査はパートナーと一緒に受けた方が確実です。性病は自覚症状がなく、本人も知らずに感染していることもあります。性行為をしていなくとも体調不良、免疫力低下で発症する性病や、タオル、便器などから感染するものもあります。

パートナーに一緒に性病検査を受けてというのはなかなか勇気がいることとは思いますが、妊活をして一人の人間を産み育てるのですから、不安なくスッキリとした気持ちで妊活を行えることは何物にも代えられません。

郵送の検査キットで検査をすることも

妊活前の性病検査は不安や後悔しないためにも重要だとわけっていても、わざわざ病院で検査に行くのも面倒だし、保険も効かないから高いし…となかなか踏ん切りがつかないかもしれません。そういう場合は、郵送の性病検査キットを使うことで恥ずかしさや面倒くささを解消できるでしょう。

郵送の検査キットは、検査キットが送られてきたら検体を自分でとって送るだけです。検査は病院で行うのと同じ登録検査所という国に認められた検査機関で行うので信頼性も高いです。万が一性病の陽性だった場合でも提携の病院を紹介してくれるのでとても便利です。

GME
gme1
gme1

GME医学検査研究所は、自社で登録衛生検査所をもつため、検査結果の早さ、価格の安さが性病検査キットの中ではトップクラスです。6種、8種セット、パートナーとできるカップル用などセット内容も充実しているので初めて性病検査を性病検査キットで行う時には便利です。

匿名検査 検査期間 結果の通知 局留め対応 個人名配送 衛生検査所 6種セット 8種セット
最短1日 web メール
郵送 電話
9,300円 13,620円