妊活前にするべき性病検査とは

妊活後に子どもを授かった女性子どもを授かりたいと思って、いざ妊活を始めようと決心してもパートナーの交遊歴が激しかったり、風俗に通っていた過去があるとあなたも知らず知らずのうちに性病にかかっていて妊娠ができなかったり、妊娠しても胎児に影響がでることもあります。

また、性病は必ずしも性行為によって感染するとは限りません。例えば、性器カンジダ症は、もともと人の体内にいる常在菌で体調の悪化や免疫力の低下によって症状がでることもあります。

妊活をしようと決心したら、まず性病の検査をすることが大切です。先にもいいましたが、一部の性病は性行為以外で感染することもあるので性病検査は恥ずかしいことではありません。

今回は、妊活前の性病に関する疑問や検査した方がいい性病、検査する場所などについて説明します。

「妊活前にするべき性病検査とは」の続きを読む…

女性がなりやすい性病の種類と症状まとめ

女性の性病について

女性が性病の検査をする注射針と検査結果性病の種類は男性と女性は同じように感染するものが多いのですが、女性特有の症状だったり、女性だけに症状が出やすいものなど微妙に異なっています。特に女性が男性と違うのは、症状がでないからといって性病を放っておくと子宮頚管などに炎症がでて、不妊や流産、子宮外妊娠などの原因になってしまうことです。

性病は放っておくと自分だけの問題ではなく、パートナーにも迷惑をかけてしまいます。性病に気をつけるのは、男女どちらも同じですが女性は特に気をつかたい病気です。性病の種類と特徴について知識として知っておくのがいいでしょう。

「女性がなりやすい性病の種類と症状まとめ」の続きを読む…

知っておきたい!性病の種類と特徴まとめ

性病の種類を調べる研究員性感染症(性病)は、昔は命に関わることもある怖い病気でしたが現在はほとんどが完治する病気です。

HIV(エイズ)でさえ、完全に体から取り除くことはできませんが、発症する前に適切な治療をすることで発症を遅らせ、通院することで制御することも可能になっています。

しかし、「病院に行きにくいから」「恥ずかしいから」と治療を遅らせると重症化する性病もあります。また、性病の種類によっては、性行為を行わなくともタオルなどから感染することもあります。

「知っておきたい!性病の種類と特徴まとめ」の続きを読む…

性病検査の料金や費用について【病院、保健所、郵送検査キット】

性病検査の価格は無料~5万円ぐらいまで

性病検査の料金は検査をする場所や検査を受ける性病の種類によって大幅に変わります。

例えば、

保健所で検査を受ける場合は0円
郵送検査で受ける場合は3,000円~30,000円
保険適用の病院で受ける場合は、2,000円~20,000円
保険適用外の病院では6,000円~50,000円

と、このようにかなり幅があります。これらの料金は一概に安いところがいいというわけではなく、それぞれの検査方法でメリットやデメリットがあります。今回は、性病検査の料金について、それぞれの場所や方法での料金の違い、特徴について紹介します。

「性病検査の料金や費用について【病院、保健所、郵送検査キット】」の続きを読む…

即日でわかる性病検査の種類と検査方法まとめ

即日で性病検査の結果を確認する男性性病検査をしようと決心したときに、気になるのが即日結果がでるのかどうかというところです。せっかく性病検査をしたのに結果がでるのが、1週間後とか2週間後なんて言われてしまっては待つ間が不安で落ち着かなくなってしまいます。

この記事では即日検査結果のでる性病検査の種類や費用、即日性病検査ができる病院、郵送の性病検査キットや保健所で即日性病の検査結果が出るかについて説明します。

病院は早いが即日対応ができるところが限られる、性病検査キットは安価だが郵送の手間がかかるなどそれぞれのメリット、デメリットなども同時に紹介します。

「即日でわかる性病検査の種類と検査方法まとめ」の続きを読む…