ふじメディカルの信頼性・評判を徹底比較しました

今回は性病検査キットの中では人気の高いふじメディカルの信頼性と評価についてです。信頼性、コスパ、検査のスピードと評価が高いので当サイトでも、GMEと並んで注文数が多い検査キットです。

ふじメディカルの詳細をできるだけ詳しく解説したので、購入前の不安や心配が解決できると思います。

ふじメディカルの評価・ポイント:結論

ふじメディカルは、自社ラボがあり臨床に近い判定をするSDA法や保健所と同じ精度の検査法を取り入れているので、信頼性、検査の早さ、価格とも高いレベルにあります。

先に紹介したGME医学検査研究所の方が、検査の早さと価格(ローコスト版)で優っていますが、少しの差なのでそれぞれのHPを見て自分が気に入った方を選ぶといいでしょう。

ふじメディカルの残念な点は、提携病院が関東に11件しかありません。

検査の結果は郵送でもらえるので、万が一検査で陽性だった場合、かかりつけの病院にいけばいいのですが提携の病院が多くあった方が自分の家の近くで見つかる可能性が高いので安心できます。

評価:
価格、検査スピード、信頼性において評価が高い

ふじメディカルの特徴

自社ラボがあるので信頼性が高い
単品、セットともコスパが高い
検査結果が出るスピードが早い

ふじメディカルの信頼性について

ふじメディカルは、横浜市に登録の衛生検査所で19年の実績があります。自社ラボでの検査のため精度の高い最新の技術を導入することが可能なので信頼性は高いといえるでしょう。

検査方法にSDA法(遺伝子検査)核酸増幅法を取り入れ、保健所と同じ精度の検査方法も採用しているため安心です。

なお、郵送の検査キット自体についての精度、信頼性については以下のページで詳しく紹介しています。
性病検査キットの信頼性と精度とは?

他の検査キットとの違い

ふじメディカルの優れている点は、実績とサポートです。

衛生検査所として19年の実績があり、検査に対する評判もよいので長く続けられています。
また、ネットでの販売ということでサポートには、かなり力をいれています。

ふじメディカルの残念な点は、ホームページでの情報の少なさです。やはり性病検査キットは、購入が不安な人が多いので、配送の方法や荷姿、サイズといった疑問点はすべて詳細に載せてほしいです。

実際にGMEやSTDチェッカーは商品や配送について詳しく掲載されているので、ふじメディカルの情報の少なさは物足りない感じがあります。

ふじメディカルの検査キットの価格

ふじメディカルの検査キットの価格は、業界内では安価な方ですが最安値ではありません。

検査キットの単品価格

性病検査キットの料金は単体検査だと大体4,000円ぐらいなのでふじメディカルの価格は業界の中では標準的です。

ホームページを見ると3,300円なので一見他よりも安そうに見えますが、送料が一律700円なので合計すると他社と同じぐらいになります。

参考までに、HIVの単品価格だと以下のようになっています。

ふじメディカル:3,300円(送料700円)
さくら検査研究所:3,800円(送料無料)
GME(ローコスト):3,440円(送料無料)
GME(スタンダード):4,730円(送料無料)
STDチェッカー:4,968円(宅配便、郵便局留めは540円)
予防会:3,980円(送料無料)

 
最安値はGMEのローコストパッケージ、次はさくら検査研究所ですが他も大きくは変わらないので単品の場合は自分が信頼できそうな事業者に頼むのがいいでしょう。

参考:GMEのパッケージの違いについて
GMEのローコストとスタンダードの違いは、ローコストだと、包装が簡易版、配達がネコポス、採直しが有料という自信のある人向けの簡易パッケージです。詳しくは、GME医学検査研究所の信頼性、評価を徹底比較しました をご覧ください。

検査キットのセット価格

性病検査キットには、セット販売といういくつかの検査をまとめて販売しているものがあります。セットの場合、単品をそれぞれ購入するよりもお得になっています。

ただ、セットの内容は各事業者で若干違っているため単純に比較することは難しいです。

今回は、どの事業者でも取り扱っている4項目検査で価格を調べてみました。あなたが希望する検査では、この通りの価格差が無い場合もありますので注意してください。

4項目セット:
淋菌(淋病)・クラミジア・トリコモナス・カンジダ

ふじメディカル:7,000円(送料700円)
さくら検査研究所:7,600円(送料無料)
GME(ローコスト):6,530円(送料無料)
GME(スタンダード):7,500円(送料無料)
STDチェッカー:7,290円(宅配便、郵便局留めは540円)
予防会:7,000円(送料無料)

 
4項目セットでは、送料を考慮するとGMEのローコスト版が6,530円で最安値、次は予防会のセットが7,000円でした。
ふじメディカルは送料を入れると7,700円です。

4項目セットはあまり安くありませんが、その事業者独自の組み合わせもあるので、どういった検査が自分にベストかはよく考えて選んだ方がいいでしょう。

ふじメディカルの検査スピード

ふじメディカルは、自社ラボがあるので検査結果が出るまでの時間はかなり早い方です。
検査項目にもよりますが、検体到着から最短で2日以内に結果がわかります。急ぎの場合は、登録時に設定する暗証番号がわかれば電話で結果を聞くこともできます。

匿名対応

ふじメディカルでは以下のような匿名対応をしています。

郵便局留め
宅配便センター留め
検査キット外装の配慮
個人名発送

自宅に送付されたくない場合

検査キットを自宅に直接送付してほしくない場合に、郵便局で受け取る郵便局留め、全国の宅急便センターを受け取り場所に指定するヤマト運輸センター留めを選ぶことができます。

郵便局留の詳細
https://www.post.japanpost.jp/service/sisho/

宅急便センター受けサービス詳細
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/tc-receive/

検査キットの荷姿

検査キットの外装は外からは性病検査キットとわからないようになっています。

個人名発送

検査キットの送り状の品名は「日用品」としており、差出人名は、社名「ふじメディカル」、個人名「山田純」から選ぶことができます。

検査結果の受け取り

ふじメディカルでは、検査結果はメールか電話か郵送で確認できます。

結果の確認はWebでパソコンやスマホからパスワードを入力することで確認できる事業者が増えているので、メール、郵送、電話というのは少し古いかもしれません。

ちなみにふじメディカルでは結果の郵送を簡易書留で行うことができます。

簡易書留は、引き受け時間と配達状況を記録してくれる郵便なので郵便事故が少ないという特徴があります。簡易書留を希望する場合は300円プラスになります。

提携病院

提携病院とは、郵送の検査キットの趣旨を理解し検査後にスムーズに治療を受けられるように連携している病院のことです。ふじメディカルには、提携病院が関東に11箇所あります。

https://www.fujimedical.jp/hospital.html

ふじメディカルまとめ

ふじメディカルの特徴をまとめます。

  • 自社ラボで19年の実績があるので信頼性が高い
  • 価格は他と比べても標準的
  • 申込から結果までのスピードは早め

と実績による信頼性が高い事業者です。

HPの作りこみや結果表示の種類の対応など細かいサービスの改善の課題はありますが、コスパやスピードは他に劣るものではありません。